テレクラの普及

セクシーな肩

テレクラは1980年代から90年代に流行ったものです。
以前はテレクラは店舗型のサービスで、男性が店舗にお金を支払い、固定電話に女性からの電話がかかってくるのを待つというものです。
女性は様々な目的で電話をかけてきますが、その中には出会いが目的という人も多く居ます。
出会いを目的とした人のために、全国47都道府県に分類されたツーショットの専用電話番号があります。
自分の住んでいる地域を対象にした電話にかけると、その周辺に住んでいる女性と電話がつながります。
必ずしも自分の住んでいる地域にかける必要がないので、出張等で遠方に出る場合はその地域に住んでいる人が対象のツーショットダイヤルをかけることも出来ます。
上手く話がすすめば、そこで出会うことも出来ます。
また、テレホンセックスを目的としている場合、人の多い東京や大阪等の地域に絞ってかけるということもできます。

テレクラは、2000年に大規模な規制がかかりました。
それまでは日本全国にテレクラの店舗が建ち並んでいるような状況で、女性側の電話も多数ありました。
基本的に女性たちのほとんどが性欲を解消するためにかけてくることが多く、ナンパのツールの一つとしても利用されていました。
現在は風営法で決められた場所でなければ、テレクラの営業を行うことができなくなりました。
規制が入った事により、一気に需要が減りテレクラの数は減少しました。
しかし、現在はツーショットダイヤル等の普及によって、テレクラが見直されています。